Depertment of Regional Development

地域マネジメントコース

南ゼミ(2020年度開講)

南ゼミは2020年度から開講する新しいゼミです。着眼点は「地域に多くの人々が訪問することを促進し、それを具体的な地域活性化につなげるために必要な事項の検討」、「多様な主体による協働を前提とした、効果的な政策の立案・実践」です。特に、地域内外の人々の集客・交流の起点となる地域資源として、「スポーツ(プロスポーツや各種スポーツ大会などの“観るスポーツ”が中心)」、「文化財」、「各種イベント・観光施設」等の社会的・経済的意義に着目し、それらをまちづくりに効果的に活かす政策や実践方法を学生が主体的に考えていきます。

ゼミ活動は、「理論の学習」、「事例の学習」、「実践活動を通じた現実の把握」、「調査分析の実施」、「様々な要素を考慮した政策の立案、プレゼンテーション」、「学生自身による評価(振り返り)」を組み合わせて進めます。実践活動や調査については、北九州のプロスポーツクラブや文化財・まちづくり関連の団体、行政機関等と協働し、イベント等にも積極的に関わっていき、政策立案やまちづくりの実践に際して必要な視点や手法等の会得を目指します。また、全国の公共機関・公的団体等が主催する政策コンテスト(地域創生に関わるもの)への参加も試みる予定です。