Depertment of Regional Development

各実習

スクールボランティア実習

スクールボランティア実習で取り組む2つの活動を紹介します。
<特別支援学級等での学校生活をサポート>
私たちは、北九州市立の小学校3校と支援学校1校にて実習をさせて頂いてます。
基本的に特別支援学級に入り、発達障害を抱える児童の学校生活をサポートしながら、障害分野と児童分野の福祉を学ばせて頂いております。児童と学校生活を共に過ごし、信頼関係の構築を通して、個別支援をしていきます。学生と小学校の先生たちと情報共有をして支援体制の強化をしています。実習の中で、児童の成長に携われるのは本当に感動です。これからも児童と一緒に成長していけたらいいなと思います。

<「子どもひまわり学習塾」での放課後の学習支援>
北九州市が実施している「子どものひまわり学習塾」の学生ボランティアとして、週2回程度放課後に小学校を訪問し、子どもたちの学習支援を行なっています。コミュニケーションを大切にしながら、子どもたちが自主的に取り組める環境づくりや学習のサポートをしています。他にも小学校行事などにもボランティアとして参加させて頂き子ども達や先生、地域の方との関わりを大切にしています。その他にも大学を見学する「ハタチ☆ミライPJ」や小倉祇園などのお祭りで子ども向けのブースを出展しています。