眞鍋ゼミの一覧

『Super My Color Projectについて』

8月から10月にかけて、眞鍋ゼミと広報実習で協力し、北九州市内のある県立高校の2年生を対象に「スーパーマイカラープロジェクト」(以下SMP)を実施しました。これは、以前から行っていた「やる気ぐんぐんプロジェクト」改めた取組みで、 4日間にかけて行いました。

この企画は、自分になかなか自信が持てなかったり、周りに過度に合わせてしまったり、新しい友人関係を築くことを怖がっている生徒に対し、様々な個性や価値観に出会ってもらうことで「自分は自分でいいんだ」という気持ちを持ってもらい、自己肯定感得るきっかけにしてもらいたいという想いからスタートしました。

そのため、1~3日目は普段話すことの少ない別のクラスの生徒5~6人で班を組んで取り組んでもらい、最終4日目は今までの振り返りを個人で行うというプログラム内容にしました。

 

『プログラムの内容と感想』

1日目は「様々な個性に出会う」ことを目的に体育館でオリエンテーション形式のゲームを行いました。ゲームは大きく2つ行い、1つは大学生が課す課題をクリアしていくミッションゲームと、A4サイズの紙と筆記用具だけを使って『城』を創作するペーパーキャッスルゲームを行いました。この日は、私たちが今まであまり行ったことのない体育館という大きな場所でのプログラムだったため、時間通り場を動かすことがとても困難でしたが、その分、このような状況をどのように動かせばよいのか新たに得た学びも大きかったです。

2日目と3日目は「相手の意見を尊重する」という目的に沿って、各教室でグループワークを行いました。2日目は宇宙をテーマにしたコンセンサスゲームを行い、3日目は宝探しをテーマにして各々の情報を集めて地図を作っていくゲームを行いました。ポイントは、それぞれの個性をかけあわせグループでの話し合いが上手くいったかどうかでしたが、どうすれば限られた時間の中で生徒が自分の個性を発揮することができるかを深く考え、進行やファシリテーションを行いました。

4日目は「ありのままの自分を受け入れ自信をもつ」ことを目的に、各教室で個人振り返りを行いました。班での話の中ではなかなか言えなかった生徒も、文字でアウトプットすると「普段話したことない子と話せてよかった」という言葉を書いてくれ、4日間を通じて生徒の友人関係に何かしらの変化を与えることができたのではないかと思いました。

今回のプログラムは初めての試みも多く、その分反省すべき点もありましたが、それらを糧にこれからもより良いプログラムを生徒に届けていこうと思いました。

 

     

このページのTOPへ戻るTOP