北九州の未来へ、出発進行~!!

2017年9月27日
FMKITAQラジオ番組制作実習 学群Diary 全体実習

放送までの道のり

私たち7班は『公共交通機関の環境問題の取り組み』について取り上げました。最初は他県から北九州にきたメンバーが1番驚いたモノレールについて取り上げようと考えていましたが、調べるうちにモノレールの環境の取り組みを知って、モノレール外の公共交通機関の環境への取り組みがどのようなものがあるのか関心を持ち始めました。調べるうちに北九州市はこのままでは環境が悪化してしまうことを知り、公共交通機関の取り組みを知ってもらって利用してもらう必要があるとおもい、このテーマに設定しました。また市役所の都市交通政策課の方をお招きして高校生と大学生を対象にイベントを開催しました。イベントでは22人もの学生に参加していただき、北九州市の現状や、公共交通機関の取り組みを知ってもらって、これから大人になってから通勤などで環境に良い選択として公共交通機関を使ってほしいということを目的に開催しました。

取材日・・・5月17日

取材協力先・・・北九州市役所環境局環境未来都市推進部温暖化策課 北九州市役所建築都市局都市交通政策課 北九州市       役所交通局総務経営課 北九州モノレール JR九州広報課

放送日・・・8月12日

 

放送を終えて

私たちの班は先生への報告の時や、プレゼン大会の際ではあまりアドバイスをいただけず、このままでいいのか、という不信感が班内でありました。そのまま本番に向かってしまうのはよくないと判断し、多くの意見を先生方にいただいて企画するために、具体的にどこが良くないのか、どこが不安なのかなど自分たちで考え、先生に個別に相談に行きました。こうすることによって自分たちの悪いところを自分たち自身で見つけ、それを客観的な目線で改善することができ、企画を成功することができました。班内の不安を取り除くためによくミーティングを行い、報告などもできていたので、不安なく本番を迎えることができ、無事に終了することができました。また、FM実習で班員全員が貴重な体験をすることができ、多くのことを学ぶことができてよい機会になったと思います。

 

 

このページのTOPへ戻るTOP