小林敏樹ゼミ

日本は、世界のどの国々も経験したことのないスピードで人口減少、少子高齢社会を迎えています。これまでの日本は、右肩上がりで増える人口を前提とした都市計画、まちづくりを行ってきました。しかし、これからの時代は、これまでとは逆に、人口が減っていくことを前提にしなければなりません。郊外へと薄く広く拡大してしまった都市、増え続ける空き地や空き家、老朽化するインフラや公共施設、衰退し続ける中心市街地をどうしたらよいのか等々、解決しなければならない問題が山積しています。また、近年の都市やまちの課題をみると、建築や土木などの工学分野の都市計画やまちづくりだけでは対応できないような課題の幅の広さ、多様性が見て取れます。例えば、まちのマネジメント、子育て、安心安全、環境、食、農業など、多岐にわたります。こういった様々な課題に対応するためには、都市やまちについて、多様な視点からの学びが必要となります。
小林ゼミでは、都市計画、まちづくりをメインテーマとしたうえで、まちなかの再生、都市・地域の再生、まちづくりの組織・担い手、まちづくりのマネジメント、福祉のまちづくり、子育てとまちづくり、ユニバーサルデザイン、交通まちづくり、都市の歴史、観光まちづくり、安心安全まちづくりなど、幅広くサブテーマを設定し、基礎知識の習得を図ります。それに平行して、具体事例の見学や実践活動を行い、より深い学びを得ていきます。
実践活動では、まちあるき実習の活動と連携した取り組みを行います。また、昨今、出生率の低下や保育園の問題など、子どもを取り巻く問題が顕著になっています。みなさんにとっても、これらの問題は他人事ではなく、近い将来、自らが子ども持ち、そういった問題の当事者になる可能性も考えられるため、子どもとまちづくりについても積極的に学び、実践活動を行っていきたいと考えています。
ぜひ、持続可能な都市やまちのあり方をいっしょに学んで実践していきましょう。