学群の理念

地域創生学群の理念は、幅広い競技と実践力を持った専門性を備え、地域に関する理論と現場理解により、地域社会をマネジメントし、地域の再生と創造に貢献できる人材を養成することです。総合的な人間力を培い、地域社会のさまざまな分野で指導的役割を担える人材の養成を目指しています。

このため、地域創生学群における教育の目標及び特長は、企業や行政機関のみならず、市民活動や福祉、スポーツ等の分野において、指導的あるいはコーディネーター的役割を担える能力を養うことに重点をおいています。

地域創生学群はこんな人材を育成します

幅広い教養と実践力を持った専門性を備え、現場の実情を含めた地域に関する総合的な理解を基盤とする、以下のような人材を育成します。

  • 実践力を伴う専門性をもって、企業・NPO・NGO・行政組織などでリーダー的役割を担う人材
  • 情報処理能力を持って、企業・NPO・NGO・行政組織などで活躍する人材
  • 地域福祉の抱える問題を総合的に把握・理解し、実践力を持った専門性を修得した上で、地域福祉の現場でコーディネータ的役割を担う人材
  • ボランティアとしての専門性を身に付け、自らの才能や技能を発揮して、生涯にわたって地域ボランティアとして活躍できる人材
  • 豊かで潤いのある人生の実現、生涯を通じた人間形成を通じて、人的財産として地域文化の発展に貢献できる人材