ESDまなびと連携実習の一覧

Keeple、30回目の活動を迎えました(ESD実習 モビリティPJ)

2014年7月から、開始したKeeple活動は
2月の定例活動において30回目を迎えました!

今まで北九州市役所の方を始め、
小倉北警察署、大原専門学校、麻生公務員専門学校、
その他大学の学生や、社会人の方、小中高生などたくさんの方に参加していただきました!

4月からは、新しいコースで活動を行います。
地域活動に興味のある方、4月から新しいことを始めたい方などなど!
私たちとぜひ一緒に活動しませんか?

 

Keepleについて

【Keepleって?】
Keepleとは、モビリティPJの学生が立ちあげた地域活動で、
2014年7月から活動を始めました。

放置自転車が多い小倉駅周辺において、
“自転車でも来やすいまち”を目指し

①自転車の整理
②ツーロックを呼びかけるためのグッズ配布
③まちなかのゴミ拾い
④通行人の方へのあいさつ運動
などを行っています。

 

活動日程

毎月第1金曜日 7:30~8:30※集合場所:コレット連絡通路小倉祇園太鼓像前
第3水曜日 18:00~19:00※集合場所:コレットシティバイクステーション前
詳しいことはhttp://www.npo-ktmn.com/keeple/をご覧ください―

a76c831ab5228275f2d09c4e1d15ff3f 6be3dac2fc3ebbf7173c4f08df2c6541

ガーベラプロジェクトってな~に??

プロジェクト紹介

ガーベラプロジェクトとは北九州まなびとESDステーションに所属するプロジェクトの一つで『大学生の視点からあらゆる人に自分らしい生き方について考えてもらうキッカケを提供する』という目的で様々なイベントや講座を自分たちで企画して活動をしています!プロジェクトメンバーはかなり個性的な人たちが集まっていて、ミーティング中も笑いが絶えることがあまりありません(笑)自分らしい生き方ってなんだろう?って思われた方はいませんか?自分らしさとは周りの環境に左右されずに自分の思うままの姿、ありのままの姿で生活をすることだと私たちは思っています。皆さん、自分の自分らしさをポンッと思いつくことができますか?私たちは皆さんが皆さんの自分らしさを考えてもらえるように日々活動させていただいています!では、その活動の一つを紹介させていただきます!

ラブミーティング‼

私たちが皆さんに自分らしい生き方を考えてもらうために行っているイベントの1つがこの『ラブミーティング‼』です!!このイベントは大学生を対象にしていて、若い世代が身近に感じやすい『恋愛』をテーマにしています!イベントではお菓子やジュースを食べたり飲んだりしながら参加者同士にお題に沿った恋愛観について語り合ってもらい、自分の価値観の幅をひろげてもらいます♡今年は『世界の恋愛事情』というテーマで参加者の皆さんに語り合っていただき、盛大に盛り上がっていてスタッフも楽しい雰囲気の中イベントをさせていただきました。そして、なんと!参加者の中には留学生の方も来てくださり、日本とは違った恋愛観を皆さんに話していました!スタッフも興味津々でした(笑)このイベント以外にも結婚について考えてもらうものやLGBTQ、性同一性障害について当事者の方と話をしてもらうもののようなことを行っています!気になった方はぜひぜひガーベラプロジェクトとTwitterやFacebookで検索をしてみてください!

全員で記念写真を撮りました-150x150 個性豊かなメンバーです!-150x150

小倉祇園太鼓

7月20日に開催された小倉のお祭り「小倉祇園太鼓」で、地域創生学群の学生が出店させていただきました。私たちESDまなびと連携実習を中心とし、他大学の学生、高校生も含め、みかげ・ちゅうぎん通りで合わせて17店舗が活動しました。この小倉祇園太鼓での出店は、今年で7回目となります。毎年、「みかげ・ちゅうぎんの会」の方からお話しをいただき、今年も4月後半から約2か月半準備を重ねてきました。

当日は、多くのお客様に来ていただき、販売だけではない地域の方々との交流が学生の励みになりました。ESDまなびと連携実習では、1年生が「ESD(持続可能な社会づくり)に関連した地域の方々とコラボレーションできる商品」をテーマに、地域の方々の協力を得ながら実現した商品を販売させていただきました。1年生にとっては、今後の実習での活動のもととなる、貴重な体験になりました。

今回の活動を振り返り、リスクマネジメントの大切さや、商品企画や店舗運営の難しさを学びました。また、こういった活動は地域の方など沢山の方の支えがあるからこそ実施できるのだなと改めて実感しました。これからも、このような経験を提供してくださる地域の方々に感謝して、反省を生かし更に頑張っていきたいと思います。

取材:地域創生学群広報実習 本田結美 宮崎千夏 林田崇文

小倉祇園祭21-150x150 小倉祇園祭11-150x150

 

小倉みつばちプロジェクトです

小倉みつばちプロジェクトです。
今年の夏も小倉みつばち達は元気に小倉の街を飛びまわっています!さらに、今年は小倉みつばち達が一生懸命に働いてくれたおかげで、すでに4回の採蜜作業を終えることが出来ました。採れた蜂蜜の量は約30リットルと去年よりも多く、順調に進んでおります!まだまだこれからも採蜜を行う予定です。
また、私達は新しい学生企画として「花植えプロジェクト」にも取り組んでいます。これは、現在小倉みつばちを養蜂しているCOLET/I’mの屋上をお花畑にしようというプロジェクトで、6月には、取り組みの始めとしてゴーヤの苗を10個設置しました。“緑のカーテン”になるように愛情込めて育てています。生き物を育てるということはとても大変だと言うことを日々実感させられながらも、枯らさないように、ツルがきちんと伸びるように、学生達で毎日分担して水やりを行っています。今後はそれぞれの季節のお花を植えていこうかなと考えています。

小倉みつばちのブログも更新しています!
「小倉みつばちプロジェクト ブログ」で検索!

P1010959 P1010954

 

 

モビリティデザインカフェ

サイクルツアー北九州です!私たちの活動の一環として、5月25日にESDステーションにて行われたモビリティデザインカフェに参加しました。モビリティデザインカフェとは、「北九州の移動を考える。」ということをテーマにこれからの北九州の移動空間とまちについて、大学、自治体、NPO、地域の方とワークショップ(話し合い)や、プレゼンテーションを通し意見交換を行うものです。
今回は「もし、クルマがなかったら、どんな”まち”になるのか」というのを大まかな議題として置き、話し合いが進められていきました。私たち学生は、車以外の移動手段である自転車をメインとしたまちを考えプレゼンテーションを行い、他の市と北九州の自転車走行環境の違いや、外国と北九州を比較することにより、自転車を一つの移動手段として活用する道路整備やまちづくりをするために何が必要かを考えることができました。また、プレゼンテーションを作成していく過程で出てきた疑問点や発見をワークショップで意見交換することで、より深くモビリティの重要性を知ることができました。こういった学びを通してこれからのサイクルツアー北九州に生かしていけたらいいなと思いました。今回は第1回ということもあり、小規模の開催となりましたが今後は地域の方や他大学の方などにご参加いただき、より多くの方とよりよいまちづくりのための意見交換ができる場になればいいなと思っています。

 サイクルメンバー サイクルメンバー2

このページのTOPへ戻るTOP