ういんぐの一覧

冬キャンプ

12月26日(金)から28日(日)まで、北九州キャンプ協会主催の「YOU遊こどもキャンプin小石原」に学生スタッフとして参加しました。3日間を通して、参加した子ども達と一緒に、食事作りや星空観察、自然探索などを行いました。当日の朝まで、子ども達と仲良くなれるか不安な思いがありましたが、子ども達の方から笑顔で話しかけてくれ、すぐに打ち解けることができました。キャンプが始まってから解散するまで、私たちは子ども達とずっと一緒に活動を行い、笑顔が絶えない時間を過ごしました。

一番印象に残ったのは、山登りです。毎年辺り一面真っ白い雪で覆われているキャンプですが、今回は雪が解けていたため、鎖を使った山登りに挑戦しました。苦戦しながらも、岩屋神社のある山頂まで登って、子ども達と一緒に素晴らしい棚田の景色を見ることができ、とても良い思い出ができました。また、キャンプ協会の方々から、スタッフとして気を付けるべき点として、子ども達の様子に注意を払いながら適切なコミュニケーションをとることの大切さについて教えてもらいました。楽しいだけでなく、学びの深い、とても充実したキャンプでした。

22-150x150 12-150x150

ハロハロカフェ クリスマス会

12月18日(水)、北九州市立大学北方キャンパスにて、ハロハロカフェクリスマス会が行われました。たくさんの親子が参加し、コラボラキャンパスネットワークのスタッフや私たち学生も含めた皆でクリスマス会を楽しみました。クリスマス会の途中でサンタもやって来たので、私達は子ども達やサンタと一緒に歌を歌ったり、ダンスを踊ったりしました。サンタが来た時の子どもたちのうれしそうな表情とキラキラと輝いた目を見ていると、心が温かくなりました。

普段行われているハロハロカフェでも、子ども達が楽しんでいる姿をよく見ます。しかし、クリスマス会では、子ども達は普段より楽しそうにしているようでした。私は、今回のクリスマス会に当日スタッフとして参加し、子ども達の笑顔を見ることができ、充実感を得ることができました。当日のみの参加ではなく、準備段階から参加していれば、もっと企画に取り組めたのではないかと思います。次回、同じような機会があれば、企画段階から積極的に参加したいです。

21-150x150 11-150x150

2学期末お楽しみ会

12月11日(木)に、学習支援ボランティアとして訪問している小学校でお楽しみ会が行われました。他大学の学生と一緒に学年別にクリスマス企画を行ない、私は6年生の担当でした。6年生の教室では、クイズを解き進めていき、教室中に隠されたツリーのオーナメントを集めるというゲームを行いました。最後には、これから頑張りたいことを書いてもらい、集めたオーナメントと一緒に、みんなでツリーに飾りつけました。その結果、みんなの思いが詰まった世界に一つのツリーが完成しました。他学年の教室でも、連想ゲームや工夫を凝らしたクイズを行い、大いに盛り上がりました。この日をすごく楽しみにしていた児童がたくさんいて、私たちも一足早いクリスマスを児童と一緒に楽しむことができました。今日は、私の2学期最後の小学校訪問でした。今度児童に会えるのは新しい年になってからです。また来年、新たな気持ちで頑張っていければと思います。

こ10-150x150 こ9-150x150

放課後まなび教室開始から半年経過!

  11月に入り、放課後まなび教室スタートから半年が過ぎました。この半年間、子どもたちと真摯に向き合い、分からない問題を一緒に考えてきました。最初は互いによそよそしい雰囲気だったのですか、今ではすっかり打ち解けてくれました。最近では、授業が終わってすぐに、来てくれる子が増えました。そんな元気いっぱいな子どもたちの笑顔を見ると、充実感で胸がいっぱいになります。

先日終了の振り返りでは、学習アドバイザーの先生から「放課後まなび教室スタートの時と比べると、子どもたちが落ち着いて、勉強に対する意識が変わってきている様子が見られます。また、今すぐに結果は出ないけど、確実に右肩上がりになっていきます。」と励ましの言葉をいただいて、うれしいとともに一層身が引き締まる思いになりました。

 今後もできる限り1人1人の子どもたちと真摯に向き合いながら、学習支援ボランティアとしての活動を続けていきたいと思います。

こ2-150x150 こ1-150x150

新体制になりました!

  10月29日(水)の全体会にて、「子どもの学び」支援プロジェクトは新体制になり、私がリーダーに就任しました。この日から、2年生が各担当のリーダーを引き継ぎ、活動に取り組んでいきます。全体会当日、私たち1,2年生に向けて3年生1人1人から激励の言葉をもらいました。その中で、前リーダーからの「リーダーをやっている中で、たくさんの人に支えてもらいました。つらいときは頼ることを忘れず、これからも頑張ってください。」という言葉がとても心に残りました。私は、1人で仕事を抱えてしまうことがよくあります。しかし、これからは周りと協力し、活動に取り組んでいこうと心に決めました。プロジェクトのリーダーとしてやっていくことに不安がありましたが、先輩方の言葉を聞いて、不安な気持ちを切り替えることができました。今後も、子どもの様々な学びを支援しつつ、子どもを対象にした地域活動のあり方について学んでいきたいと思います。

こ6-150x150 こ5-150x150

観月会

10月10日(金)に、北九州市立大学北方キャンパスの中庭にて観月会が行われました。当日は天気がすぐれず、お月様は顔を出しませんでした。しかし、ジャズ演奏や大道芸、子ども達の踊りなどが次々と披露され、会場は大いに盛り上がりました。私達は、今、子ども達の間で大人気の「ようかい体操第一」を踊りました。音楽が流れ始めると、声をかけていないのに子ども達がたくさんステージに集まってくれ、本当に嬉しかったです。音楽が鳴り終わるまで、私達は子ども達と一緒に楽しく踊り続けました。参加していた子ども達のニーズに合った選曲だったからこそ、盛り上がったのだと思います。

このことから、対象のニーズを汲み取る事の大切さに気付かされました。自分達がやりたいことを企画すると、自分達が楽しかったという結果だけになる可能性があります。企画をより良いものにするためには、自分達がやりたいことだけではなく、企画の対象が求めている事、つまり、ニーズを汲み取ることが必要だと思います。これからの活動でもこの学びを大切にして、より良い活動に繋げていきたいです。

こ8-150x150 こ7-150x150

サマーキャンプ in 2014

8月27日(水)、28日(木)に、私たちは、北九州キャンプ協会の協力を得て「もじ少年自然の家」で小学生を対象とした「サマーキャンプ in 2014」を、開催しました。2日間を通して、私たち学生は参加した子どもたちと一緒に、海企画やシャーベット作り、バーベキュー、ナイトハイク、プール遊びなどを行いました。

私たち1年生は初めてのキャンプ企画の担当だったこともあり、この2日間はドキドキの連続でした。しかし、誰もけがをすることもなく、無事にキャンプを終えることができました。最初は緊張していた子ども達も企画が進むに連れて笑顔が増えていき、とても楽しそうでした。子ども達の元気と笑顔を見ることができ、私たちも楽しくキャンプを過ごすことができました。

今回のキャンプは、天候が崩れたために一部予定を変更しなければなりませんでした。しかし、それぞれの企画に対して対応策を考えていたため、全体としては学生スタッフの動きやスケジュールの進行などをスムーズに行うことができました。準備の段階で大きな見落としがありましたが、先輩方や北九州キャンプ協会のアドバイスのおかげで、キャンプ本番前に修正できて本当に良かったです。プロジェクトには、細かな配慮が欠かせないことを学びました。この学びを、今後の活動に活かしていきたいです。

サマーキャンプ_写真2-150x150 サマーキャンプ_写真1-150x150

第5回フシギ!サイエンスカフェ

8月20日(水)に、北九州市立大学北方キャンパスにて、コラボラキャンパスネットワークと一緒に第5回フシギ!サイエンスカフェを開催しました。当日は6つのブースを設け、子ども達に楽しみながら科学の不思議を体験してもらいました。私達1年生にとって、ブースの企画を一から考えることは初めての経験でした。様々なリスクについて考えながら準備を進めていったのですが、子どもが興味を示してくれなかった時にどうするのかについて考えることが一番大変でした。本番当日、多くの親子が私達のブースで一緒に楽しんでいる様子を見ることができ、本当に嬉しかったです。準備を頑張ってきた甲斐があったと皆で喜び合いました。今回のサイエンスカフェを通して、様々なリスクを考え対応することの重要性を学ぶことができました。今後も活動していく中で、地域の方々や先輩を見習いながら、自分自身も成長していきたいです。

61-150x150 51-150x150

1学期末お楽しみ会

7月17日(木)に、学習支援ボランティアとして訪問している小学校でお楽しみ会が行われました。私達は他大学の学生と一緒にお楽しみ会の運営を担当し、レクレーションとして行ったじゃんけん列車としっぽ取りゲームを子ども達と一緒に楽しみました。放課後まなび教室の子ども達のほとんどがお楽しみ会に参加し、とてもにぎやかな雰囲気になりました。子ども達から「楽しい」や「もっとやりたい」などと言ってもらえて、本当に嬉しかったです。勉強に取り組んでいる時とは違う一面を見ることができ、子ども達との距離がより縮まったような気がします。

今日が1学期最後の小学校訪問でした。今日からしばらく子ども達に会えないと思うと、少し寂しい気持ちになりました。2学期の放課後まなび教室でも、子ども達が勉強に取り組みやすい環境作りを心がけ、メンバー全員で取り組んでいきたいと考えています。

一学期末お楽しみ会_写真3-150x150 一学期末お楽しみ会_写真1-150x150

放課後まなび教室スタート!

6月12日(木)に、放課後まなび教室がスタートしました。今日から、私達は2グループに分かれて小学校を訪問し、放課後の学習支援ボランティアを行っていきます。放課後まなび教室の開始前は、どういった活動になるのか楽しみで期待が膨らむ反面、子ども達に上手く学習支援ができるだろうかという不安も同時に持ち合わせていた状態でした。
私達は、放課後に学校に残って宿題やプリント学習を行う子どもたちをサポートしました。参加している子どもたちは元気いっぱいで、最初はその姿に圧倒されてしまいました。子ども達と初めて一緒に勉強したのですが、私達の話を素直に聞いてくれて、とても嬉しかったです。子ども達からも「楽しく勉強したい」や「放課後まなび教室で学力を伸ばしたい」などの前向きな発言があり、とても感動しました。これから様々なことがあると思います。色んなことを前向きに捉え、子ども達と一緒に、私達も成長していきたいと思っています。

 

 

放課後まなび教室スタート!_写真21-150x150 放課後まなび教室スタート!_写真11-150x150

このページのTOPへ戻るTOP