栄町ハロウィンどおり2017

2017年11月10日
地域マネジメントコース 門司商店街活性化プロジェクト

◯イベント概要

私たち門司商店街活性化PJは、シャッター商店街となっている栄町銀天街が多くの人で賑わうことを目的に、1年生企画として「栄町ハロウィンどおり2017」を実施しました。

当日は、昨年と同様に商店街内のお店を周る「スタンプラリー」に加え「かぼちゃの福笑い」「おばけ釣り」「わなげ」の3種類のゲームを用意しただけでなく、今年は新たに「仮装コンテスト」を開催させていただきました。コンテストでは商店主や区役所のみなさんに審査をしていただき、学生だけでなく参加者や地域の方々ともイベントを作り上げることができました。

準備は7月から長期に渡り行ってきましたが、上手くいくことばかりではありませんでした。しかし、自分達の企画へのこだわりを持つことで準備を着実に進めていくことができました。さらに、広報先を昨年よりも広げ多くの集客を目指し尽力しました。

 

◯イベントを終えて

当日は、実習内の先輩方やボランティアスタッフの支えもありながら、ゲーム参加者が延べ230人、スタンプラリー参加者が101人、仮装コンテスト参加者19人という結果を出すことができました。悪天候ということもあり目標を上回ることができませんでしたが、それ以上に多くの学びや楽しさを得ることができました。新しく挑戦した仮装コンテストでは多くの参加者が集まって下さり、参加者からは「面白かった」「緊張したけど楽しかった」などのお言葉を頂きました。困難な場面もありましたが全体を通して最後まで諦めずに頑張った甲斐があったと、達成感を得ることができました。さらに、商店主さん自ら仮装してくださったり、店舗でも装飾をしてくださったりと、商店街一体となってハロウィンの雰囲気作りができました。

私たちは、このイベントを通して、イベントの企画力や、運営力など様々な力を身につけることができました。これからは、今回学んだことを糧に地域に貢献できるような活動を展開していきたいです。

                           

 

このページのTOPへ戻るTOP