KFCっちすごいっちゃ!

2017年9月13日
FMKITAQラジオ番組制作実習 学群Diary 全体実習

放送までの道のり
私たち16班は北九州市で撮影された映画・ドラマの撮影本数が過去最多の35本になったという報道をテレビで見て、どうして北九州フィルムコミッションがここまで成長して来たのか、どんな戦略で他のフィルムコミッションに勝ってきたのかなど、疑問に思うことがたくさんあったので調べることにしました。
しかし、「北九州フィルムコミッション」という言葉を知っている人はたくさんいても、実際に北九州フィルムコミッションがどういった活動をしているのか知っている人がなかなか見つからず、取材をする機会がありませんでした。そこで、パーソナリティーの大西さんに相談したところ元北九州フィルムコミッションの平谷さんを紹介して頂き、北九州フィルムコミッションの設立経緯・経済効果・北九州フィルムコミッションでしかやっていない取り組みなど滅多に聞くことのできない裏話を聞くことができました。また、平谷さんのご好意でエキストラにも参加することができ、実際に自分の目で北九州フィルムコミッションの活動を見ることができました。
こうした取材や体験を通して最初は呆然としていた「北九州フィルムコミッション」というテーマにつて理解が深まり、放送まで漕ぎ着くことができました。

放送を終えて
大学に入って初めて取り組んだ活動がこのラジオ実習でした。今振り返ると、お互いのことも知らずに始まってしまい、正直戸惑った部分も多くありましたが日を重ねるごとに自分たちの中にも協力する力が芽生えてきて、自分がチームのためにできることはなんなのかを常に考えるようになっていました。
特にマップ作りでは役割を分担して、効率よく取材や作成を行うことができとてもいいものを作ることができました。このマップは大学に掲示する予定なのでたくさんの人の目に触れることで北九州フィルムコミッションについて知ってもらえる機会が増えれば嬉しいです。
今回のラジオ実習を通して最後まで諦めずやり抜くことの大切さを学びました。1から作り上げる企画だったので思うように進まず投げ出したいと思うことも度々ありましたが、最後まで諦めずやり抜けたので最高の放送になりました。
この経験はこれからの大学生活はもちろん今後の人生にも大いに役立つものとなりました。

取材協力:北九州市役所 観光課 北九州市フィルムコミッション
取材日:5月17日、6月16日、7月30日
OA日:8月20日

このページのTOPへ戻るTOP