第7回フシギ!サイエンスカフェを開催しました!

2016年9月27日
学群Diary 「子どもの学び」支援プロジェクト

8月24日(水)に、第7回フシギ!サイエンスカフェを開催しました。フシギ!サイエンスカフェとは、子ども達やその保護者などを対象に、普段は気が付かない科学の面白さを楽しく体験してもらう企画です。今回は、私にとって2回目の参加です。昨年は子ども達のパワーに圧倒されて終盤には笑顔が消えかけていましたが、今年は子ども達に負けないぐらいの笑顔でフシギ!サイエンスカフェを楽しむことができました。1つのブースを担当していた昨年とは異なり、今年は運営リーダーを務めました。参加した多くの子ども達から「楽しかった」や「家でもやってみたい」などという声を聞けて、とても満足しています。企画を立ち上げて不安と緊張の連続でしたが、大きなトラブルも無く終了できました。メンバー全員が協力できたからだと思います。今後も学生一丸となって頑張ります。

「実習初めての1年生企画を終えて」

私たち1年生は、分担して4つのブースを担当しました。ゴムの弾性、ニュートンのゆりかごの法則、重心移動の力、磁石の力といった様々な科学の力を使い、小さい子どもたちにも楽しんでもらえる遊びを企画しました。最初は、小さな子どもが楽しみながら科学の力を体験できる遊びが中々思い浮かびませんでした。悪戦苦闘しながらも、先輩からのアドバイスをもらいつつ、ブースの企画案をまとめていきました。子どもたちが部品を口にくわえたり、道具を振り回したりしないためにはどうすれば良いか、何度もメンバー同士で話し合いました。本番直前まで、子ども達に楽しんでもらえるか不安でしたが、当日は楽しそうに遊んでいる子ども達の姿を見ることができました。ある保護者が「家でも作って遊べそうですね」と言ってくれた時は、本当に嬉しかったです。今回学んだリスクマネジメントの考え方を生かしながら、今後の活動に取り組みたいと思います。

 

027d47311c1625172b2a6f2c7d5a42161d 02bb3f1394aec618d42940d3e4f779090c

このページのTOPへ戻るTOP