小学校訪問活動オリエンテーション

2016年6月7日
学群Diary 地域マネジメントコース 「子どもの学び」支援プロジェクト

【オリエンテーションに行ってきました】

6月2日(木)に、私たちは小学校を訪問し、子どもたちの自主学習を支援する活動についてのオリエンテーションに参加しました。子どもたちの放課後の自主学習は、来週から始まります。オリエンテーションの前に、私たちは使用する教室の準備を手伝いました。メンバーで手分けして机や椅子を並べ、机に貼る名札や使用するプリントなどの準備を行いました。オリエンテーションでは、小学校訪問活動時の手順や注意点などの説明後に、クラス担任の先生との交流の時間が設けられていました。先生からクラスの雰囲気や子どもたちのやる気などを教えてもらい、来週から始まる活動をより具体的に想像することができました。先生たちが熱く語ってくれる姿を間近で見て、「子どもたちのために頑張ろう」という気持ちが今までよりも大きくなっていきました。今年度の活動も、いよいよスタートです。熱い想いを胸にメンバー全員で今年度の活動に取り組んでいきます。

【身が引き締まった小学校訪問】

今日、小学校を初めて訪問しました。初めての活動のため、子どもたちがどのような思いで参加するのか想像ができず不安がいっぱいです。だからこそ、今回できる限り多くのことを学ぼうと考えていました。オリエンテーションの中で説明を受けている際に、担任の先生から「多くの児童が放課後に学生さんと一緒に学習することを心待ちにしています」と教えてもらいました。正直、支援活動に対する不安はまだ解消できていません。しかし、先生の話を聞けたことで、早く子どもたちと一緒に勉強したいという思いが強くなりました。子どもたちのために活動することはもちろんのことですが、私にとっても、子どもたちと一緒に過ごす時間を有意義なものにしたいです。そのためにも、個人的に目標を定め、中途半端なものにならないように取り組もうと思います。まだまだ分からないことが沢山ありますが、担任の先生から教えてもらった言葉を忘れずに頑張っていきます。

 

3703c039ae59dfcabaa59ec7c24205089 0027eb5ac02eb39c7d769be8e9c7be1b

このページのTOPへ戻るTOP