今年度最初の放課後学習支援活動

2016年6月7日
学群Diary 地域マネジメントコース 「子どもの学び」支援プロジェクト

【 放課後学習支援活動が始まりました 】

6月7日(火)から、小学生に対する放課後学習支援活動が始まりました。私にとって、この活動は今年で2年目になり、初めて支援活動を行う1年生と一緒に活動していきます。子どもたちが教室に入って自主学習が始まると、1年生は、戸惑いながらも子どもたちに声をかけ、分からないことがあったら直ぐに私たちに「先輩、ここはどうしたら良いですか」と質問してくれました。1年前の自分は、先輩に質問することに対して少し抵抗感がありましたが、1年生は直ぐに質問してくれます。先輩として頼りにされていることを感じ、もっと確りと目的を持って行動しなければいけないと気持ちを引き締めました。2年生は、活動の中心的な役割を担っていかなければなりません。私も、1年生の手本となれるように2年生としての自覚を持って、これからの小学校訪問活動に取り組んでいきたいです。

 

 

【 初めての学習支援活動を終えて 】

6月2日(火)に小学校でのオリエンテーションに参加した時は、とても緊張していました。しかし、今回は2回目の小学校訪問です。緊張はしたものの、どんな子どもたちに出会えるのか、どんな雰囲気なのかについて早く知りたいといったワクワクした気持ちの方が強かったです。子どもたちは教室に入ると同時に、元気に大きな声で「こんにちは!」と挨拶をしてくれました。しかし、学習の時間に入ると、とても静かに集中してプリントに取り組んでいました。プリントをやり遂げた証としてスタンプを押した時に、「ありがとう」と言ってくれたことがとても嬉しく、次回も頑張ろうと思いました。まだまだ動けてない部分や分からない部分があるので、これから少しずつ慣れていきます。そして、明るい雰囲気でありながらも、子どもたちが学習に集中できる環境作りに取り組んでいきたいです。

2b8169add18e93b0f7c94cd8e7fbe321c5 2b31e010ea77d697ed6c0c3a9fb6841664

このページのTOPへ戻るTOP