1年生初めてのハロハロカフェ

2016年5月24日
学群Diary 「子どもの学び」支援プロジェクト

「1年生のハロハロカフェ参加」
5月18日(水)に、北九州市立大学北方キャンパスで行われたハロハロカフェに参加しました。ハロハロカフェとは、コラボラキャンパスネットワークが行っている子育て交流スペースです。今回初めて、「子どもの学び」支援プロジェクトの1年生10人と一緒にハロハロカフェに参加しました。会場に入る前の1年生は、とても緊張しているようでした。1年前、私も緊張しながらハロハロカフェに参加したことを思い出しました。その時は、私は先輩の後ろにくっついていたのですが、今年の1年生はすぐに打ち解けて子ども達や保護者の方々と楽しそうに交流していました。そのような1年生の姿を見て、とても頼もしく感じると共に、私も負けないように頑張ろうと決意を新たにしました。今日この日から、1年生を交えての本格的な活動が始まります。これまで学んできたことを大切にしながら、プロジェクトメンバー全員で新しいことに挑戦し、お互いを高めていきたいです。

「緊張のハロハロカフェ」
私は、今回初めてハロハロカフェに参加しました。会場に行く前に、「子どもの安全を第一に考えて行動しよう」や「自分の目の前だけでなく、周りにいる子どもたちのことも考えて行動しよう」などのアドバイスを先輩たちから貰いました。実際に会場に入ってみると、多くの子どもたちが居て驚きました。初めての参加でとても緊張して、何かしなければいけないと思っても、どうすればよいのか分からなくなってしまいました。笑顔で接したつもりだったのに、私の顔を見た子どもが泣きだしてしまい、自信を無くしかけました。しかし、先輩が子どもに接している姿を見習い、私も粘り強く接し続けた結果、子どもの方から手を伸ばしてくれました。ほんの少しですが、子どもとの関わり方を学べた気がしました。今回は戸惑いの連続でしたが、次回から先輩達やコラボラキャンパスネットワークに参加している方々の行動を見て、活動に必要な様々なことを学んでいきたいです。

b2c0c0a5160ee3a6c20311c233cc1595 1554ddac643677af2f6c6a66bd01dcd9

このページのTOPへ戻るTOP