実習紹介に向けて

2016年5月16日
学群Diary 「子どもの学び」支援プロジェクト

【実習紹介に向けて】

 4月7日(木)に、新入生を対象とした実習紹介が北方キャンパス内で一番広いA-101教室で行われました。この教室で行われたのは今回が初めてです。新入生を始め、各実習の先生や先輩方、同級生といった沢山の人が参加する集まりになりました。この実習紹介は、私たちの活動を新入生に伝えるだけでなく、自分たちにとっても良い振り返りの機会です。そのため、私たちは春休みから実習紹介に使用するパワーポイントと広報紙を作成し始め、自分たちの活動の目的や成果などを振り返りながら発表準備に取り組みました。私たちの活動を楽しみながら理解してもらうために、パワーポイントも広報紙も黒板をイメージしたデザインにして、発表スタイルも“授業風景”を意識したものにしました。先輩や同級生に多くのアドバイスを貰い、試行錯誤を重ねた結果、パワーポイントと広報紙は納得のいくものを完成させることができました。

 

a3c4e98da75df584a35316440e7ee800 98bdc51e2428e9496ef31ea514e88e13

【待ちに待った実習紹介】

 実習紹介当日は、私を含めた発表メンバー3人はスーツを着て、授業を行う先生を演じました。「キーンコーンカーンコーン」のチャイムで始まり、黒板風のパワーポイントを使用しながらの発表です。“授業風景”を意識した発表スタイルは会場全体に受け入れられ、私たちも楽しみながら発表することができました。楽しい雰囲気を大切にしながらも、私たちの活動内容について確り伝えることができたと思います。全ての実習チームの発表終了後、新入生が各実習について直接質問できる相談会が設けられたのですが、私の予想を超える人数の新入生が質問しに来てくれました。相談会では、発表時に詳しく話せなかったことを伝えるだけでなく、私たちの活動の雰囲気も感じてもらうことができたと思います。新入生が私たちと一緒に活動する日も、もう間もなくです。新年度も、私たち「子どもの学び」支援プロジェクトらしく、笑顔で活動していきたいと思います。

 

このページのTOPへ戻るTOP