第9回地域創生フォーラム

2016年4月11日
学群Diary 「子どもの学び」支援プロジェクト

【全力で取り組んだ地域創生フォーラム】
2月14日(日)に、北九州市立大学にて第9回地域創生フォーラムが開催されました。今回は学生の地域活動に関する発表の場となり、発表チームはエントリーした中から選出されることになりました。私たちのプロジェクトでは、メンバー1人1人がエントリーシートを書き、それを1つにまとめて提出しました。誰か数人に任せてしまうのではなく、チーム全員で取り組めたことは、本当に良かったと思います。発表が決まってからは、何を重視して伝えるかについて何度も話し合いを重ねながら準備を進めました。緊張しながらも無事に発表を終えた時は、感極まって涙が溢れてしまいました。最後の表彰式で地域活動賞を頂くことができたのも、メンバー全員で支え合いながら取り組むことができたからだと思います。地域創生フォーラムは、自分の活動について改めて考える良い機会となりました。今回の経験を通して、これからも頑張っていこうと決意することができました。

【地域創生フォーラムを通して】
当日、私はステージに立って、プロジェクトの一員として活動内容と学びについて発表しました。限られた時間の中での準備となりましたが、より良い発表になるようにメンバーで何度も話し合いを重ねながら準備を進めていきました。当日が近づくにつれ、緊張と不安が自分の中で大きくなっていくのを感じました。しかし、何度も何度も練習したかいもあってか、本番では緊張することなく自信を持って伝えたいことを表現することができました。発表が終わってすぐにプロジェクトのメンバー全員が来てくれて、「お疲れ様!発表良かったよ」と声をかけてくれました。その時に、メンバーの団結力と温かさを感じることができ、「このプロジェクトで良かったなあ」と改めて思いました。これからも、限られた時間の中でも諦めずに、高みを目指していくことを大切にして活動していきたいと思います。

dc0a6bc512e3c807cf6ebeec8cee48e2 1b54a124785ebd36ddbd9a4f7a0f89ea

このページのTOPへ戻るTOP