ハロハロクリスマス会

2016年1月26日
「子どもの学び」支援プロジェクト

【ハロハロクリスマス会が開催されました!】

12月16日(水)に、私たちは多世代交流の場であるハロハロカフェに参加しました。この日は、年内最後の開催日だったこともあり、親子で楽しむハロハロクリスマス会として開催されました。絵本の読み聞かせがあったり、「あわてんぼうのサンタクロース」をみんなで歌ったりして、楽しいひと時を過ごしました。私たち学生も含めて、会場にいた全員が参加して会話を楽しめるような企画も行われました。進行役の巧みなファシリテーションを見て、「私もあのように上手なファシリテーションができるようになりたい!」と思いました。温かい雰囲気に包まれる中、私たちは親子と一緒に昼食も食べました。あるテーブルでは、子どもの食べ物の好き嫌いについて話が盛り上がりました。その話を聞いて、私が子どもの頃に母がハンバーグに小さく刻んだ野菜を入れてくれていたことを思い出しました。改めて親への感謝の気持ちを再認識しました。

【サンタとトナカイたちがやってきた!】

昼食後には、私たち学生が進行役となってハロハロクリスマス会を進める時間がありました。サンタやトナカイたちに登場してもらい、私たちが事前に考えた振り付けで親子と一緒に「ジングルベル」を歌いました。プレゼント配布やサンタへの質問タイム、サンタとの写真撮影会などを行い、とても盛り上がりました。サンタやトナカイたちが帰る時間になると寂しそうになっていた子どもたちでしたが、「バイバイ」と笑顔で見送ってくれた場面がとても印象的でした。保護者の方からも、「良かったよ」や「楽しかったよ」と声をかけてもらえました。参加している皆が楽しめる企画を演出することができて、達成感を得ることができました。
最後に、ハロハロクリスマス会に登場したサンタからのメッセージです。「フィンランドから来た、サンタクロースじゃよ。子どもたちはみんな良い子だったのぉ。良い子のみんなにまた会うのが楽しみじゃ。フォッフォッフォ。」サンタが来年もみんなのところに現れますように。

595793c29201daa591fb1b7b0e0504ac 9ce61c086dd60a7199338be90f17db03

このページのTOPへ戻るTOP