産学官連携芋焼酎プロジェクト

2015年11月7日
地域マネジメントコース 猪倉農業関連プロジェクト

「収穫まで」
11月7日に猪倉にて黄金千貫という焼酎用のサツマイモの収穫を行いました。この芋焼酎のプロジェクトは市役所の農林課と協力して、北九州の造り酒屋さんである無法松酒造さんに依頼し、地域ブランドとして地酒を造ろうというプロジェクトです。市役所からは農林課の新人研修として、5月から6名参加してもらっています。今回は獣害対策用のワイヤーメッシュを市役所より無償で借用でき、地元の方より電気柵もお借りできました。そのおかげで猪倉地域において獣害の対象動物と認識されている猪への対策も万全にとることができました。様々なアクターの協力もあって、焼酎用の芋は荒らされることなく収穫の日を迎えることができました。しかし、別途、大学でお借りしている畑で栽培した紅あずまというサツマイモは全滅・・・トタンで猪対策をしたのですが自然の厳しさを思い知りました。来年はすべての作物が無事に収穫を迎えられるようにしたいですね!

「収穫当日!!」
収穫当日は不安定な天気も持ちこたえてくれました!!そしてこの日の共同作業はなんと総勢50人越え!高槻まちづくり協議会の役員さんたち、無法松酒造の山家社長、北九州市農林課の皆さま、JA北九絆ファームの方々、そして猪倉実習生、まさに本プロジェクトにかかわる人々が総結集したような大規模な共同作業となりました。読売新聞社など各種メディアも猪倉に訪れ、大々的に取材をして頂き、本当に賑やかな1日の始まりとなりました。今回の収穫量は500キロ。さすがにこの人数といえども500キロを掘るのは骨が折れました。そしてとれた芋をそのまま無法松酒造さんに納品し、2日かけて芋洗いから麹に漬け込むまでを手伝いました。こうしてすべての過程にかかわる貴重な体験でした。感謝です。芋焼酎のラベルや名前はこれから随時決まっていくのでまだまだ通過点です!ここまで来たのも様々つながりがあったからなので、今後も感謝しつつ活動します!

946556be7ddaf963fcc320c171e74a10 47042ee1cb309edb1b7b315d5f47ccba

このページのTOPへ戻るTOP