わっしょい百万夏祭り出店・派遣活動準備

2015年8月11日
地域マネジメントコース

絆焼うどん出店

8月2日、3日に行われたわっしょい百万夏祭りに絆焼うどんを出店しました。絆焼うどんとは北九州市の姉妹都市である岩手県釜石市名産のイカと小倉発祥焼うどんをコラボさせたオリジナル商品です。また、今回は絆焼うどんの他にも釜石市名産のイカを一杯丸ごと使用したイカ焼きも販売し、両日用意していた食数は見事に完売!多くの方に味わっていただきました。お客さんの中には、「おいしかったからもう一つちょうだい」と言うリピーターの方もいらっしゃり、『食べる支援』を認知していただけたかと思います。今回の売り上げの一部は東北に義援金として私たちが直接お渡しする予定になっています。ちなみに絆焼うどんは市内の店舗でも味わうことができますので、ぜひご賞味ください!

今後の活動に向けて

わっしょい百万夏祭りも無事大盛況に終わり、私たちはメイン活動である“第9次学生ボランティア派遣”の準備を進めています。今回の派遣は8月23日~8月31日まで宮城県南三陸町や、石巻市、女川町での活動を行います。この派遣活動は、地域創生学群の生徒だけでなく、他の学部の生徒も一緒に活動を行うものとなっており、これまでの派遣活動の中で今回が最も学部生が多い派遣となっています。それぞれが持っている知識を生かしながら、派遣活動をより良いものにするために内容を調整しながら進めています。学長挨拶も無事に終え、いよいよ派遣間近となりました。派遣活動が終了しましたら、また皆さんにご報告しようと思いますので、次回の記事をお楽しみに!

釜石名産イカ焼き-150x150 わっしょい百万夏まつり-150x150

このページのTOPへ戻るTOP