コミュニケーション研修

2015年6月27日
地域福祉コース 司法福祉実習

1.活動概要

6月27、28日と柳川BBS会主催の福岡県BBS連盟研修会に北九大BBSとして参加させていただきました。他の参加地区会としては、柳川・福岡市・小倉・八幡・久留米大学・筑紫女学園大学・筑豊(県立大学)・九州大学の計19名が参加していました。この研修の目的は、少年に寄り添う活動に必要なことや方法について、会員同士で話し合い知識と理解を深め合うというものでした。

2.研修を通して

研修は、①少年とのコミュニケーションの向上、②SNSの危険性の理解、③BBSのリーフレットの活用方法の理解、④新しい活動への取り組み、の4グループに分かれて2日間に渡り話し合い、2日目の最後に各グループが発表しあうというものでした。グループは、参加者の希望に沿って分かれました。私が参加したグループ①では各自が会話でつまずいた事例を挙げ、その中からいくつかをピックアップして、適切な返答方法をみんなで考えていきました。私が①に参加した理由は、私自身が少年と接する中で返答に困ったことが多々あり、自分の中でどのように返答することがより最善であったのかという疑問が消化不足だったからです。研修を通して今までは、自分自身の中で振り返りをしていたことはありましたが、他の方の意見を聞くことはなかったので、今回の取り組みはとても参考になり、今後の活動に生かしていきたいと思いました。また、北九大BBSでもこのような研修を実際に行ってみたいと思いました。
研修後の交流会では、お菓子などを食べながら明るい雰囲気の中、情報交換をしました。学外にはBBSに対して常に向上心をもって活動していらっしゃる方がたくさんいます。そのような方々と、話すことで自分の抱いていた不安の緩和や、もっと活動に励もうと前向きな気持ちにもなることができました。これからも積極的に研修に参加し、より良い北九大BBSを目指します。

IMG_397087284720112 IMG_397054849300176

このページのTOPへ戻るTOP