green bird参加レポート

2015年6月15日
地域マネジメントコース 小倉活性化プロジェクト

先日、green bird小倉チームの魚町そうじに参加しました。“green bird” は、全国各地で展開されているプロモーションプロジェクトで、「きれいな街は、人の心もきれいにする」というコンセプトが掲げられています。
今回の参加者は学生を中心とした24人で、そのうち初参加者は3人でした。活動時には3班に分かれ、楽しくおしゃべりをしながらごみ拾いをします。私たちの班は、まなびとESDステーションを起点として、リバーウォーク北九州経由でごみ拾いをしました。印象的だったのは、ごみの中でもタバコの吸い殻がとても多かったことです。あちらこちらにタバコの吸い殻があり、心が痛みました。そんなとき、ずっと活動に参加している方の「ごみを拾った分だけ幸せを拾う」という言葉が心に響きました。また、実際に参加してみると、自分たちの住んでいる街がきれいになることに喜びを感じました。そして、しゃべりながらごみ拾いをするので、班の人とコミュニケーションを通じて友達の輪も広がることも分かりました。
green bird小倉チームは、毎週火曜日と毎月第一土曜日に魚町での活動を行っており、その他、北方地区でも毎月第1・3・5金曜日に活動しています。事前予約は不要で道具は貸出されるので、誰でも気軽に参加できます。これからもっとgreen birdの参加者が増えたらいいなと思います。

CIMG0589-150x150 CIMG0584-150x150

このページのTOPへ戻るTOP