小倉祇園太鼓

2014年7月20日
地域マネジメントコース ESDまなびと連携実習

7月20日に開催された小倉のお祭り「小倉祇園太鼓」で、地域創生学群の学生が出店させていただきました。私たちESDまなびと連携実習を中心とし、他大学の学生、高校生も含め、みかげ・ちゅうぎん通りで合わせて17店舗が活動しました。この小倉祇園太鼓での出店は、今年で7回目となります。毎年、「みかげ・ちゅうぎんの会」の方からお話しをいただき、今年も4月後半から約2か月半準備を重ねてきました。

当日は、多くのお客様に来ていただき、販売だけではない地域の方々との交流が学生の励みになりました。ESDまなびと連携実習では、1年生が「ESD(持続可能な社会づくり)に関連した地域の方々とコラボレーションできる商品」をテーマに、地域の方々の協力を得ながら実現した商品を販売させていただきました。1年生にとっては、今後の実習での活動のもととなる、貴重な体験になりました。

今回の活動を振り返り、リスクマネジメントの大切さや、商品企画や店舗運営の難しさを学びました。また、こういった活動は地域の方など沢山の方の支えがあるからこそ実施できるのだなと改めて実感しました。これからも、このような経験を提供してくださる地域の方々に感謝して、反省を生かし更に頑張っていきたいと思います。

取材:地域創生学群広報実習 本田結美 宮崎千夏 林田崇文

小倉祇園祭21-150x150 小倉祇園祭11-150x150

 

このページのTOPへ戻るTOP