モビリティデザインカフェ

2013年5月25日
地域マネジメントコース ESDまなびと連携実習

サイクルツアー北九州です!私たちの活動の一環として、5月25日にESDステーションにて行われたモビリティデザインカフェに参加しました。モビリティデザインカフェとは、「北九州の移動を考える。」ということをテーマにこれからの北九州の移動空間とまちについて、大学、自治体、NPO、地域の方とワークショップ(話し合い)や、プレゼンテーションを通し意見交換を行うものです。
今回は「もし、クルマがなかったら、どんな”まち”になるのか」というのを大まかな議題として置き、話し合いが進められていきました。私たち学生は、車以外の移動手段である自転車をメインとしたまちを考えプレゼンテーションを行い、他の市と北九州の自転車走行環境の違いや、外国と北九州を比較することにより、自転車を一つの移動手段として活用する道路整備やまちづくりをするために何が必要かを考えることができました。また、プレゼンテーションを作成していく過程で出てきた疑問点や発見をワークショップで意見交換することで、より深くモビリティの重要性を知ることができました。こういった学びを通してこれからのサイクルツアー北九州に生かしていけたらいいなと思いました。今回は第1回ということもあり、小規模の開催となりましたが今後は地域の方や他大学の方などにご参加いただき、より多くの方とよりよいまちづくりのための意見交換ができる場になればいいなと思っています。

 サイクルメンバー サイクルメンバー2

このページのTOPへ戻るTOP